[ワンピース 考察] ワノ国九里「光月家」の家紋の意味・成り立ちについて


ワノ国九里を治める「光月家」の家紋

それは家臣である錦えもんやイヌアラシ&ネコマムシの背中にもあるらしい。

そして、くじらの樹の内部のポーネグリフの背後にもあった。

さて、この家紋にはどういう意味があるのか?今回はそれを考えてみたい。

4985.jpg

まずこの家紋は、実在するモノの組み合わせに近いものから出来ているようだ。

まず真ん中の鶴は「鶴丸」

鶴の中にある九つの丸は「九曜」

そしてその周りの花の様な輪は「菊輪」

2921.jpg


それぞれについて簡単な説明をまとめ

「鶴丸」…長寿の象徴である鶴。家門繁栄の意味がある。

「九曜」…日月星を表し、厄除けの意味がある。

「菊輪」…菊紋であれば皇室御用達の紋だが、ここでは輪が使われている。それに準ずる者の意?分家という説も。


これらから、ワノ国の「光月家」が永きに渡り繁栄し続け、将軍家に近い家柄である事が分かる。