少女☆歌劇 レヴュースタァライト:第5話『キラめきのありか』感想ツイートまとめ

追記 ネクロフィリックな愛の自滅性に、笑顔で背中を向ける事。その歩法があくまで、輝く自発性に導かれていること。それらの運動が自然であること。やっぱいいアニメだなこのアニメ。

追記 食べることは肯定すること。まひるは芋である自分自身を食べ、仲間に食べられる。過去を、敗北を、未来を食べて、その先へ。まだまだ物語は続くのだ。