描くのが大変だったカラーイラストは…連載ってワンダーランド!


20周年記念として6月から8ヶ月連続刊行されるONE PIECE 総集編

パンクハザード編を描くTHE 24TH LOGが9月22日に発売!



今回も尾田先生描きおろしの「連載ってワンダーランド」が掲載。

これまでのは下記(↓)にまとめ。

[21ST LOG] ビビは当初王女の予定じゃなかった!?

[22ND LOG] ルッチは当初敵として登場したキャラじゃなかった!?

[23TH LOG] 連載20年でも終わらない元凶は王下七武海!?


「記憶に残ってるカラーイラスト」について。

記憶に残ってるのはやはり映画Zの海兵大集合カラーですかねー。

なぜアレを描く事になったんだか…よく思い出せませんが、自分で「描いてみたい」と言ってしまった事ははっきり覚えています。

色んな海兵の若い頃を想像しながら描くのは楽しいだろうなーと軽い気持ちで。

いざ描くとなりゃそら大変ですよ。

まずは今まで登場した海兵の顔をみんな憶えてるわけないですから。

2人の担当に指令を出しました。

コミックス全巻から海兵のいるコマを全部コピーしてくれと。

広辞苑の様な厚さのコピーを貰いました。

名もないちょっとしゃべった程度の海兵にも全部チェックが入っており大変だったろうと思います。

そこから更に僕は見落としがないかチェックしてそいつらを全て20年若返らせつつ原稿に顔を描いていきました。

映画をやってる時期っていうのはホントに週刊連載+山積みのチェック物、設定物があり、時間がないという意味で大変だったかな。

作業自体は楽しかった気がしてきました(笑)

ん?お題に答えてないか?

あ、大変といえば着物の柄って大変なんですよ。

アレ絵の中に絵を描くわけで、あ、歌舞伎のイラスト!

あれホントに大変だったなー。

着物ってねー僕らの知らない決まり事がたくさんあってね、んーまあいいや。

じゃ!終わります!

あんまり大変大変言うの気分悪いです。オエッ

大変じゃないでーーす!!!

Oda