海軍本部の“元帥”サカズキと“藤虎”イッショウは昔からの顔馴染み!?


ドレスローザ編の終盤、違う意見でぶつかる元帥サカズキと大将藤虎イッショウ。それは、電伝虫を挟んでのモノにもかかわらず、一般海兵が思わずビビって後ずさりする程の激しい言い合い。



もしかしたらこの二人…古くからの顔馴染みなんじゃないだろうか?というのも、大将であるとはいえ「世界徴兵」で入ったばかりの新参者イッショウと、海軍のトップ“元帥”であるサカズキの会話がどことなく親しげに感じるからだ。

まず気になったのは、グリーンビットにてサカズキ元帥からの電話を受けた時のイッショウが、サカズキの事を「サカさん」と呼んでいた事。縦関係の厳しそうな海軍において、元帥に対してちょっと軽い印象を受けた。

4921.jpg

例えば昔から海軍に所属していたクザンとスモーカーみたいに近しい先輩後輩の関係であればそんな言葉のやり取りもあり得るだろう。しかし、イッショウは新参者。新たに入った組織、そこのトップに対する名の呼び方としてはやはり若干の違和感を感じる。

そう考えるとやはり二人は顔馴染み?二人が昔からの知り合いだとすると合点が行く。

それを受けての今回の二人の言い合い。この時にサカズキは、イッショウを2種類の名で呼んでいた。本名の「イッショウ」と 大将としてのコードネーム「藤虎」の2種類だ。