[第877話]“甘くない”感想


[週間少年ジャンプ40号](コミックス派の方はネタバレを含みますのでご注意を)

第877話“甘くない”の感想を。

今回も目次を付けて、各ブロックごとに感想をまとめる形式で。

第877話感想 目次
・サニー号の有効活用?
・水あめの海はペロスペローの影響?
・ルフィとカタクリの能力
・ペドロの決意と世界を夜明けへと導く者達
・この島からの脱出方法



[サニー号の有効活用?]

侵入者であるルフィ達を島から出さないつもりの敵側が、ルフィ達の唯一の脱出経路であるサニー号に対して何の破壊活動もしなかったのが気にかかってたんだけど、これはこのサニー号を使ってマムをカカオ島まで誘導するつもりだったのかな?と今回ふと思った。

前話までチョッパーとブルックの相手はチェス戎兵がやってて、ペロスペローとカタクリは手を出してなかったからてっきり何か作戦があって2人を生かすのかな?って思ってたけど、キャンディマンにされててマジで死んじゃう3分前(笑)。その前に「潜水艇で逃げるなら見逃してやる」って言ってた事を考えると、ペロスペロー達はこのサニー号が必要だったのな?と。

ペロスペローの考えでは、この場所にやってくるのはマムだけだと思ってる。そのマムにはカカオ島に行ってもらわなきゃ自身の命が危ない。かと言ってゼウスで飛んで行かれたらケーキが出来る前に着いてしまって、カカオ島崩壊→結局自分(ペロスペロー)の命が危ないって事になるから、ある程度時間をかけて向かってもらうためにサニー号を利用するつもりだったんじゃないだろうか?

サニー号を動かしてさもルフィ達が逃げるように演出し、マムをカカオ島まで誘導する目的の為にサニー号を壊さなかった、と。長くなったけど、自分の中での違和感をなんとかフラットにする為にはこう考えるしかないかな~


[水あめの海はペロスペローの影響?]

この辺りの海域は、「甘み雲」から「わたあめ雪」や「水アメの雨」が降り、「水アメの海」を形成している。これはペロスペローの能力の影響なのかな?悪魔の実の能力には「覚醒」という一つ上のステージがあるとドフラミンゴは言っていた。それは己以外にの周囲にも影響を及ぼす、と。

ペロスペローがサニー号を出港させない為に使った“キャンディウェイブ”は、「海」を利用した技のように見えた。悪魔の実の能力者が嫌われてる「海」を能力に使用できるのは、その海自体が既にペロスペローの能力によって「水アメ」化してるからかな?と。

そう考えると、ペロスペロー兄さんは相当に優秀な使い手だよな〜!今回の活躍もハンパないし。その活躍を少しくらい将星であるスムージーに分けてあげたいくらいだよ。笑