[第880話]ビッグマムのソウルを注ぎ込んだ「海」のホーミーズの名前は?


第880話“退路0”のラスト、マムのソウルを注ぎ込んだと思われる「海」のホーミーズが大波を起こし、サニー号を丸ごと飲み込まんとしていた。

“悪魔の実”は「海の悪魔の化身」とも言われており、能力者は「海」に嫌われる。

そんな「海」に悪魔の実の能力を付与出来るってのも気になるトコではあるものの今回の本題はそこではなく、みんなでちょっと軽めの予想をしてみよう!というだけの記事。笑

マム自身のソウルを与えられた「特別な」ホーミーズはこれまでに3体出て来ていた。

“太陽” プロメテウス

“雷雲” ゼウス

“二角帽” ナポレオン


プロメテウスとゼウスは共にギリシア神話に出てくる神々の名前、ナポレオンは歴史上の英雄の名前だ。

さて、この度生まれた「海」のホーミーズ。

彼(彼女?)もまたマムに直々にソウルを与えられた「特別な」ホーミーズだろう。

という事は、当然名前もそれなりに立派なモノが付けられるはず…

今回はその名前を考えてみたい!

やはりゼウスとプロメテウスに合わせて、ギリシア神話に出てくる神々の中から「海にまつわる神の名」をピックアップするのがベターかな?

…と、その前に既に作中に登場してる海の神々の名前は除外しとかないとね。つまり「ネプチューン」「ポセイドン」「ワダツミ」とか。

ONE PIECEでオマージュされてる神話・伝承・聖書まとめ

それ以外で、ギリシア神話に出てくる海の神々の名前を挙げてみる。

「カリュプソ」…海の女神。カリュプソーは“覆い隠す者”の意。

「オケアノス」…海神。特に外洋の海流を神格化したもの。

「トリトン」…海神。ポセイドンの息子。深淵よりの使者。人魚のような姿。

「ポントス」…海神。もっとも単純に海を神格化した存在。

「テテュス」…海や泉、地下水の女神の母


どの名前もカッコよく見えてくるな…笑