第881話“波の部屋”感想


[週間少年ジャンプ45号](コミックス派の方はネタバレを含みますのでご注意を)


第881話“波の部屋”の感想を。

今回も目次を付けて、各ブロックごとに感想をまとめる形式で。

第881話感想 目次
・波の部屋“グリーンルーム”
・職業:操舵手
・カカオ島に続く鏡
・ナミ達の生存はバレている?
・劣勢を仲間に伝えない船長の意地



[波の部屋“グリーンルーム”]

前回のラストで巨大な高波に襲われ絶体絶命だったサニー号の面々。

ここからの流れを考えた場合、直撃で船が沈むと言う展開は100%無いから「どのように回避するか」はたまた「迎え撃つか」といった“助かる方法”について皆でアレコレ考えてみた。

もうダメかも…!! ビッグマムの高波から無事生還する方法は!?

ジンベエの活躍ってのは合ってたけど、まさか操舵の技術をフルに活用して正攻法で乗り切るとは!恐れ入りました、尾田先生。

1コメに「高波のパイプラインを、超絶操舵する!」とコメントくださったCN「あっかんべェ」さん、お見事ですーーー!!!

さて、ジンベエが操舵して入り込んだのは「グリーンルーム」

それはサーフィン用語で、チューブの中の空洞スペースを指す。チューブの中から見ると太陽からの光で波がグリーンに輝いているように見えることから、そのように呼ばれているという。

チョッパー曰く「あの世かな ここが…きれ"いだなーー…」

そんなに綺麗な場所なのか…一度グリーンルームの中に入って見たいものだ。笑


[職業:操舵手]

瞬時の判断でロープを帆に結ばせ、片手での操作&操舵をしながらグリールームに滑り込む技量と度胸!

ナミに「こんな操舵手見たことない!!」と言わせるだけの確かな実力を示したジンベエ。

こりゃ、前々から言われてたけど“麦わらの一味”加入時の職業は「操舵手」で決まりだね。

“海侠のジンベエ”が“麦わらの一味”の仲間になる5つの理由

ジンベエのプロフィール&パーソナルデータを考えよう


この章の締めくくり、もしくは新章の冒頭にて、ジンベエの正式加入とタイトル「9人目」が来るのを待ちたい。

そして最後にジンベエの心強い言葉を残そう

ええ船と

ええ航海士もおる!!

操舵が良けりゃあ

この船は無敵じゃのう!!!


ラフテルまで頼むぜ、操舵手!


[カカオ島に続く鏡]

ルフィの意志を汲みサニー号へ繋がる鏡を全て割ったナミ達。

これでルフィはサニー号に直に帰れなくなったが、ナミが策を授ける。

いい?

そいつをぶっ飛ばしたら

“カカオ島”に続く鏡を探して!!

そこで落ち合いましょう!!


これまでブリュレの“ミラミラの実”の効果範囲はどの程度かな?と考えていたけど、このナミの発言から「トットランド全域」っぽいね。

にしても、仮にルフィがカタクリを倒せたとしてその場にブリュレが居らず、鏡世界に閉じ込められてしまったらどうする?

そのパターンを打破できる脱出ルートは以前考えた。

ぼくとしては依然この説を推していきたい(↓)。笑

ルフィが鏡世界から脱出し仲間の元へ戻れる唯一のルートはコレだ!