[速報]第874話“キングバーム”あらすじ[→875話]


[週刊少年ジャンプ36-37号](少々ネタバレを含みますのでコミックス派の方はご注意ください)


・ルフィ「ビッグ・マムが!!」 ナミ「もうここまで~!」

・マムの子供達「ママが最前線に!…しかし “あの” ママ…!様子が変だぞ…まさか…!!」

・マム「ウェディングケーキ…!くらえよ…! “エルバフの槍” …」

・ルフィ「!? 何か来るぞ!」構える一同「避けろ、キングバーム!」

・剣を一振りするマム「 “威国” !」

・そのひと振りでキングバームの幹は抉れ、その威力は海にまで届く

・一同「…!!」

・ルフィ「これ…!!巨人族の技に似てるぞ!?何で!?」

・ビッグ・マム「キングバァ〜ム!」

・キングバーム「うわあァ〜!ママ!!許して欲しいジュ〜!ワシ脅されてるんジュ」

・ルフィ「マズイ、次が来るぞ!降りて戦おう!」

・ナミ「待ってキングバーム!!さっきの女の子、誰!?彼女!?」

・キングバーム「!? (レディツリー…!!) フィ…フィアンセだジュ!」

・ナミ「だったら生きなきゃ!」

・はっ…とするキングバーム「!…そうだジュ、こんな所で死ぬわけには…!ウォオ〜!!」

・ペドロ「鬼のようだな」

・ルフィ「ムリだ、次は避けきれねェよ!おれが…」と乗り出そうとする

・そんなルフィを止めるナミ「待ってルフィ!!作戦がある」 ルフィ「!?」

・マム「ウェ…ディング…!」

・小さな黒い球をいくつも出すナミ「 “ブラックボール” !」

・ゼウス「!? ん?」

・ナミ「雷は雷が好き♡」

・剣を振りかぶるビッグ・マム「 “威国” !」

・同時にブラックボールを食べに動くゼウス「わおー!」

・足元が狂ったマムの攻撃は逸れ助かる一同

・ゼウス「んまーい♡」

・地面に落ちるマムを見たプロメテウスと二角帽のパイコーン「あ!ママ!」

・プロメテウス「何やってんだ!?ゼウス!」

・ゼウス「んまい、んまい」 バイコーン「ダメだ、夢中だ!」

・プロメテウス「ホラ見ろ、逃げたぞあいつら!誘惑の森へ入っていく!」

・ナミ「森へ入ればこっちのものよ!!だってキングバームはこの森の主!!」

・木や花達「キングバーム様だ!」「道を開けろー!」

・ルフィ「おー見ろ!サニー号だ!」 ペドロ「海岸まで一直線か!!」

・キャロット「ナミの作戦すごい〜!」 サンジ「さっっすがナミさァ〜ん♡」

・ジンベエ「ビッグ・マムがゼウスに乗らねば振り切れるな!」

・ナミ「ゼウスって言うの?」

・ジンベエ「ああ、あの雲はママの魂で作られ…」

・その時、真上には追いついてきたゼウス「うん、おいらゼウス!!」

・一同「ゼウス〜!」 キングバーム「ゼウス様ァ!」

・ジンベエ「気をつけろ!!手強いぞ!!」

・ゼウス「なーなー!!今のちっちゃい雷雲、もっとおくれよ!!」

・ナミ「!? え? “ブラックボール” ?おいしかった?」

・ゼウス「あんなに濃厚でノド越しのいい雷雲、初めて食べた〜♡」

・ゼウスを指先で触るルフィ

・ナミ「…」

・ルフィ「おい雲!!そんな事より乗せてくれ!!」

・ゼウス「ムリだよ、おいらに魂をくれたママしか乗れない」

・ルフィ「何だ、ただの雲か」

・ナミ「…ゼウス…じゃあ 私のしもべになる?」

・サンジ「なるーっ!!」

・ジンベエ「お前じゃなかろう」

・ナミ「そしたら毎日 “ブラックボール” 食べさせたげる!」

・ゼウス「え〜!?ホントにー!?どうしよう、どうしよう」

・ジンベエ「ボスへの忠義はないのか」

・ナミ「あんた、空を覆う程のおっっきい雷雲になれるもんね!カッコよかったなー♡」

・ゼウス「ひゃー!!ホント!?おいらそんなにホメられたの初めてだ♡」

・次の瞬間、ズゥ….ン!という音と共に背後に迫るマム「 “誘惑の森” ィ〜!そいつらを止めなァ〜!」

・ゼウス「やば、ママ怒った」

・ルフィ「うわァ!!厄介な森に戻った〜!」