長男ペロスペローの“ペロペロの実”は覚醒している?


悪魔の実の覚醒…ドフラミンゴ曰く「“悪魔の実”の能力の上の世界(ステージ)」だという。

これまでに描かれた覚醒者の特徴と言えば、「異様なタフさと回復力」「己以外にも影響を与える」という2点。

悪魔の実の上の世界(ステージ)「覚醒」

これまでの登場人物に「覚醒」した能力者はいたのか?


進行中のホールケーキアイランド編でも、既に一人 覚醒した能力者が登場している。

ビッグマム海賊団 スイート3将星 最強の男シャーロット・カタクリだ。

それは本人の口から明かされた。

「勿論 能力は覚醒している」


この「勿論」という言葉から、ある程度の水準に達した強者達(当然、高水準ではあるが)の間では「覚醒」は当然のものなのかもしれない。

さてここでもう一人、ビッグマム海賊団の中で「覚醒しているのでは?」と思われる人物を挙げてみたい。

シャーロット家の長男でありキャンディ大臣のペロスペローだ。

ペロスペロー“ペロペロの実”のキャンディ技まとめ

覚醒の定義はまだ完全に明かされたわけでは無いけど、それらしい描写を取り上げ考えてみたい。

[① 海中をも歩けるキャンディの怪物]

マムをWCIからカカオ島へと移動させるため、ペロスペローは“ペロペロの実”の能力でキャンディの怪物「アメウミウシ」を作り、海を歩く。

悪魔の実の能力者は、「海の悪魔の化身」である悪魔の実を口にした事で海に嫌われ、一生カナヅチになり、海に入ると体から力が抜けて能力を使うこともできなくなり沈んでしまう。

モリアの“カゲカゲの実”を例に出せば、能力で作り出した存在(ゾンビ)も海水や塩で浄化されていた。

同様に能力で作り出したアメウミウシが海中を歩けたのは、もしかして覚醒しているから?

まぁ、能力者本人が海に浸かってないし、カゲカゲの実とは設定が違うという事で納得は出来るけども。