【3月のライオン】第5話『Chapter.9 契約』 あらすじ・感想

【3月のライオン】5話

【Chapter.9 契約】あらすじ

【3月のライオン】5話

あかりに頼まれてモモを保育園に迎えに行った零だが、帰り道で転んだモモが怪我をしてしまう。その手当てをしながら、零は幼い頃に家族を失くした日のことを思い出す。
突然の事故によって失われた両親と妹、暖かな家。葬儀の場で孤独にたたずむ零に声をかけたのは、父の友人でプロ棋士である幸田柾近だった。
「君は……将棋、好きか?」

引用:公式サイト

★見どころ・感想★

今回はちょっとしんみりした感じのお話しでしたね。
そして、零くんの過去も明らかになりました!!
タイトルは『将棋をやる代わりに、幸田さんにお父さんになってもらう』という契約をした‥ってことですね(´・ω・)

零くん、保育園にお迎えに行く

【3月のライオン】5話
零くん、お父さんみたいww
ちょっと照れて手を振っている姿がもう‥可愛すぎて笑える( ゚∀゚)・;’.、グハッ!!

モモちゃんの悲劇

【3月のライオン】5話
わんちゃんに狙われて‥。

【3月のライオン】5話
ビックリして逃げて‥盛大に転ぶ。

【3月のライオン】5話
盛大に泣く。

【3月のライオン】5話
わんこは反省中‥。

【3月のライオン】5話
零くんに抱っこされて帰宅‥。

嘘つきなヤツラ

【3月のライオン】5話
「モモ泣かなかったもん!!」
「まだ晩ご飯もらってないですニャ!!」

このシーン好きすぎる( ・́∀・̀)

零ちゃんは泣いてたよ

【3月のライオン】5話
「零ちゃんは泣いてた。涙がポーロポーロしてた。モモ見たもん!」

モモちゃんのお手ての擦りむいた傷を見て、思い出しちゃったみたい‥。
妹のこと‥。

零くんの過去

【3月のライオン】5話
【3月のライオン】5話
両親・妹を突然事故によって亡くしてしまい‥

【3月のライオン】5話
心無い親戚からは施設に入れる‥と言われてしまう。

【3月のライオン】5話
そんな絶望の淵にいた零くんを救ってくれたのが‥。

【3月のライオン】5話
零くんのお父さんの友達の幸田さんだった。
「君は将棋好きか?」

【3月のライオン】5話
「はい。」
これが契約の瞬間だった。
将棋の神様と僕の醜い嘘で固めた‥

零くんの過去、かなりショッキングですね。
闇を抱えてるだろうとは思ってたけど、これはツライ(´・ω・)
将棋をやることで自分の居場所を作っていたんだね。

これから零くんが幸せな日々を送れたらいいな(´・ω・)

5話の後半【Chapter.10 カッコーの巣の上で】はコチラからどうぞ★
【3月のライオン】5話