3D2Y…レイリーとの修行でルフィは何を学び会得したのか


5053.jpg

2年前…自分達の実力では新世界を駆けあがれないと判断したルフィは、船長として“麦わらの一味”クルーにメッセージを送り、2年間の修業期間に入った。

ルフィは、元“ロジャー海賊団”副船長である“冥王”レイリーに師事し、女ヶ島の近くにある無人島「ルスカイナ」にて修行を開始した。

もっとも、レイリーが付きっきりで修行をつけたのは1年半で、残りの半年はルフィの独学での修行だったようだが。

さて、ルフィはこのレイリーとの修行の中で何を学び、どんな技を編み出したんだろうか?

これまでに明らかになった描写からその内容を探る。


[覇気の基礎]

君もこの力を身につけるのだ…

“覇気”という力を!!!


修行に入る前に告げられたこの言葉…

コレが、この度の修行のメインだろう。

つまり「覇気の基礎」の習得。

・全世界の全ての人間に潜在する力

・使う程に消耗する

・実践の極限状態にこそ更に開花する

詳しくは→「“覇気”(見聞色・武装色・覇王色)についてにまとめ