[ONE PIECE magazine]尾田栄一郎8000字ロングインタビュー要約&感想


ONE PIECE magazine-ワンピースマガジン-の目玉企画の一つ、尾田先生へのロングインタビュー!

なんと合計8000字という超ボリューム!!

これまでにも画集での対談や、雑誌でのインタビュー等あったけど、その度にその時の尾田先生の「現在の心境」を知ることができて有り難い限りだ。

時を経て変えている部分もあるけど、変わらない部分もあってそれが尾田先生の漫画家としての強みなんだなぁと思い知る。

では今回のインタビューをのぞいてみよう。

主要な部分を抜粋、要約してまとめ。

4799.jpg

・様々な情報のインプットは原稿中のちょっとした息抜きの時に

・自分でゲームをプレイはしないけど、スタッフに遊んでもらって新しい映像を見せてもらう

・映画も好きで、仕事にゆとりがある時は新作を最優先にまとめて観る

・面白いと感じたものは、その骨組みを分析しながら見るのが楽しい

・他にはネットでいつでも観られるドキュメンタリーものが好き

・担当編集や原稿の助っ人の若いアシスタントに「今何が流行っているのか」「何が面白いのか」を聞く

・世間に付いていけなくなるのは致命的なので、流行はこまめにチェックする。

・睡眠よりも情報収集を優先し、仕事で忙しくなると睡眠時間はもったいないと思う。寝ない人間になりたい。

・建物や乗り物を描くとき骨組みの構造から考えて描いている

・構造まで考えると結構時間がかかり苦労する割には読者に伝わらない(笑)

・背景をスタッフに描いてもらうために、大概のところまでデザインしておく

・最近描く背景はファンタジー要素が強く資料が無いので、色々な国の建物や屋根などを組み合わせて描いてもらっている

・資料集めは前々から準備する場合と、設定が決まってから集める場合とがある。写真集めは趣味

・漫画を描いている時はストレスが溜まらない事を考えると絶対に過労死しない自信がある

・ストレスになるのは漫画以外の仕事が入って漫画が圧迫された時

・結構描いてるのに手はプニプニで、全然ペンだこが出来ない

・首や腰はカイロプラクティックでケアしている

・自分がストレスになりそうな事は全部担当編集者に解決してもらっている

・大げさに、「ONE PIECEの為に編集者が倒れても構わないと思っている」と担当に言った事もある

・その代わり「病気や怪我で働けなくなったら家族は面倒見る」とも