[ONE PIECE magazine Vol.2]尾田栄一郎8000字ロングインタビュー要約&感想


ONE PIECE magazine-ワンピースマガジン-Vol.2 も尾田先生への8000字ロングインタビューが載ってるよ!



今回のインタビューの主要な部分を抜粋、要約してまとめ。感想なんかを書いてみたい。

・尾田先生の想像力の原点は、子供時代に落語が好きだった事

・小学生の頃からラジオで落語を聴いており、登場人物の姿形を常に想像する事で想像力が鍛えられた

・落語好きは父と母の影響

・落語初心者にオススメなのは火焔太鼓」「文七元結」「転失気

・漫画家になった時に色々なストーリーの骨組みが、自然と自分の中に染みついている事に気が付いた

・古い落語や映画、時代劇なんかの「古典」と言われるものは骨組みがしっかりしたものが生き残ってる

・ぼくの漫画で出てくる「どん!!」という効果音は「みんなココに注目してくれ!!」という意思教示

・言葉のリズムも大切にしてて、テンポよく読んで欲しいという時は「5・7・5」のリズムを意識する

・「5・7・5」で読みやす過ぎる時は、逆にわざと崩してみたりもする

・お笑いも好きだけど、ギャグに関しては漫画にはあまり関係ない

・音楽も好きで、最近注目のアーティストは天才バンド

・音楽の情報はラジオから得ることが多い

・今一番あってみたい人は「クエンティン・タランティーノ」監督

・絵は子供の頃からずっと描いてて、自信があった。「そりゃ何でも描けますよ」

・17歳くらいまで漠然と漫画家のトップになれると思ってたけどある時「あっ、ストーリーも考えなきゃ」と気付いて焦った

・美術の時間に鳥山明先生っぽい絵を描くと先生はいい顔をしなくて、その時だけ成績を「5」から「4」にされた

・漫画家を志したきっかけは幼稚園くらいの頃に読んだ藤子不二雄先生の漫画

・「大人なのに、これだけを描いて生活している人がいる」

・「なんて大人だ!会社に行かなくても許される大人の人っているんだ!!」と衝撃を受ける