[ONE PIECE magazine Vol.2]“novel A”Vol.2 超あらすじ&感想


2017年8月4日発売のONE PIECE magazine Vol.2 (集英社ムック)

その中で書かれるエースの小説“novel A”のあらすじと感想を。

※あらすじが荒すぎて繋がらない恐れもありますので、ぜひ本誌を買ってご確認ください。笑


「Vol.2」

・デュースの考える船長の資質は「人に愛される事」

・人を引き付ける「なにか」があるエースは、正に船長にふさわしい男

・2人で立ち上げた「スペード海賊団」には、そんなエースを慕って自然と人が集まってきた

・そんなスペード海賊団の頭脳担当「インテリチーム」の役回りをしてるのはデュースと他二人。

・ミハール。通称:先生。職業:教師。引きこもり気質で滅多に船室から出てこないが凄腕の狙撃手。

・スカル。髑髏グッズコレクターの海賊マニア。海賊ですらない男。

・そして海賊団の船長として頭角を現したエースには既に多額の懸賞金が掛かっていた

・故にその懸賞金を狙って多くの敵にも狙われる様になる

・戦闘のメインはスペード海賊団の武闘派チームだ

・そんなクルーは、エースと出会ってようやく自分の居場所を見つけた者ばかり

・敵船との戦いが終わると恒例の宴が始まる

・その最中、エースとデュースが襲ってくる敵について話している

・エースの懸賞金はまだ新世界にも辿り着いていないルーキーの額としては高額だった

・エースだけが高額の懸賞金を付けられている理由は誰も知らない。

・デュースは裏で蠢く意図を感じずにはいられなかった。見えずとも必ず付きまとう「ロジャー」の影

・宴の最中にエースになついているオオヤマネコのコタツが声を上げ、海の先を見る

・クルー達もその視線の先を見ると霧の中に無数の船影が浮かんでいた。



[ONE PIECE magazine Vol.2]“novel A”Vol.2 超あらすじ&感想


2017年8月4日発売のONE PIECE magazine Vol.2 (集英社ムック)

その中で書かれるエースの小説“novel A”のあらすじと感想を。

※あらすじが荒すぎて繋がらない恐れもありますので、ぜひ本誌を買ってご確認ください。笑


「Vol.2」

・デュースの考える船長の資質は「人に愛される事」

・人を引き付ける「なにか」があるエースは、正に船長にふさわしい男

・2人で立ち上げた「スペード海賊団」には、そんなエースを慕って自然と人が集まってきた

・そんなスペード海賊団の頭脳担当「インテリチーム」の役回りをしてるのはデュースと他二人。

・ミハール。通称:先生。職業:教師。引きこもり気質で滅多に船室から出てこないが凄腕の狙撃手。

・スカル。髑髏グッズコレクターの海賊マニア。海賊ですらない男。

・そして海賊団の船長として頭角を現したエースには既に多額の懸賞金が掛かっていた

・故にその懸賞金を狙って多くの敵にも狙われる様になる

・戦闘のメインはスペード海賊団の武闘派チームだ

・そんなクルーは、エースと出会ってようやく自分の居場所を見つけた者ばかり

・敵船との戦いが終わると恒例の宴が始まる

・その最中、エースとデュースが襲ってくる敵について話している

・エースの懸賞金はまだ新世界にも辿り着いていないルーキーの額としては高額だった

・エースだけが高額の懸賞金を付けられている理由は誰も知らない。

・デュースは裏で蠢く意図を感じずにはいられなかった。見えずとも必ず付きまとう「ロジャー」の影

・宴の最中にエースになついているオオヤマネコのコタツが声を上げ、海の先を見る

・クルー達もその視線の先を見ると霧の中に無数の船影が浮かんでいた。