カードキャプターさくら クリアカード編:第8話『さくらと時計とかくれんぼ』感想ツイートまとめ

カードキャプターさくら クリアカード編を見る。少女たちの恋は、桜の色をしている。さくらと知世が秋穂ちゃんハウスを訪れ、秋穂のすきなひとの面を拝む…ついでに『透過』のカードをゲットし、その周辺で辛気臭い人たちが辛気臭い待ちを展開するお話。背骨折れるくらい甘酸っぱかった。— コバヤシ (@lastbreath0902) 2018年2月25日 というわけで、存在を匂わされていた秋穂専用CLAMP型イケメン、ユナ・D・海渡の顔見世回である。『オメーその『D』は一体何の略だアーン?』と聞きたくなるし、露骨に時計推してるし、さくら周辺のろくでもない暗がりに片足突っ込んでるの間違い無し感ムンムンである。— …

HUGっと! プリキュア:第4話『輝け! プリキュアスカウト大作戦!』感想

HUGっとプリキュアを見る。鳥が飛べないのは、翼に傷があるからじゃあない。潔くかっこいい女の子、耀木ほまれと少女たちが出会い、夢への道を前に進んでいくエピソード。大胆な構図と明暗の使い方で、ただ輝くばかりではない夢とエールの陰りをしっかり描き、ドラマとシンクロさせる仕上がりが強い— コバヤシ (@lastbreath0902) 2018年2月25日 というわけで、コンテ演出・田中裕太、作画監督・渡邊巧大という無敵な座組で送る、ほまれ加入…という流れを裏切り、夢への遠い距離を描くエピソードである。ここで苦味を入れ、陰影を深くしたことで、トントン拍子に進んできた物語にとても良い休符が入った。良い構…

Fate/EXTRA Last Encore:第5話『祈りの弓 -イー・バウ-』感想ツイートまとめ

Fate/EXTRA Last Encoreを見る。シャーウッドの森を亡霊が走る。量子によって再現された、導きなき亡霊の騎行(ワイルドハント)。歪められた騎士道と、それでも誉れ高く生き死にたいという願い。死人の呻きを反射して、今、鐘の音が残照する。第2フロアの修羅界を駆け抜ける、アンバランスなお話。— コバヤシ (@lastbreath0902) 2018年2月24日 というわけで、相変わらず判りにくいアニメである。ゲーム本編でみっしり描かれた(だろう)男と男の関係性が、いかに腐敗し、それを諦めきれないかが背骨になるので、それを摂取していないと作品を消化吸収するのが難しい。のだが、人間関係の機…

ポプテピピック:第8話『飯田橋の昇竜 ~復讐のピピ~』感想ツイートまとめ

ポプテピピックを見る。サイコに始まりサイコに終わる! いつも通りといえばいつも通り、エッジ効いているといえば効いてる、そんなポプテも第8話。文脈掘り遊びを濃い目に入れた、ハイコンテクストな回だったと思う。『さー、いろいろ考えてネッ!』的なサービス精神を感じる。— コバヤシ (@lastbreath0902) 2018年2月24日 というわけで、いちあお&アザゼルさん組が大暴れするエピソードである。今回は色々読む話で、『あー、無印放送前に青汁の番組あったなぁ…』とか『全体的に初代仁義なきだけど、網走も入ってるのかな?』と、死んだポプ子も蘇るくらいのサブカルクソオタクま視聴スタンスだった。— コバ…

BEATLESS:第6話『Higgins village』感想ツイートまとめ

BEATLESSを見る…と書き出す前に、総集編の空白を我慢できず、原作を読んでしまった。傑作であった。同時に分厚い紙量に埋め込まれた多層なSF的発想、それが生み出す社会、そこに巻き込まれたキャラクターたちの反応と再反応、それに対する筆者の評価と感情を、たっぷり味わった。— コバヤシ (@lastbreath0902) 2018年2月24日 これはアニメで切り取るのは難しい部分だし、映像においては語っても語っても語りきれない余韻で造るしか無い部分でもあると思う。圧倒的なフューチャーデザインとか、細やかな感情の芝居とか、伝えたいならかなり絵の腕力でどうにか押し込むしかない部分を、多数要求する原作だ…